2008年01月14日

芝生の上にうっすらと雪が

今年に入って始めての2泊で泊まった。夕方から寒いと思ったら雪が降り出した。丹精こめて作った芝生の庭にも雪がうっすらと積もり始めた。
なんとも風情のあるものだろうか。薪ストーブの薪がデッキの上になくなりかけたので奥さんが2,3本ずつ運び始めた。感謝感謝である。
やはり薪ストーブは暖まるね。木造のログハウスだからなおさら蓄熱効果があるのだろう。身の回りを包み込むような柔らかなぬくもりがなんともいえない。大きな窓からは市内が一望できて実に気持ちがいい。

山花ブログはこちら>>山花ブログ
健康第一/
健康が一番/
ビューティー
posted by ヨツール at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

玄関前に枕木で花壇作り

ログハウスの玄関前がまだ砕石が敷いてあるのでアスファルトと
枕木で縁を作ることにしました。
3日前に地方の鉄道に申し込んでログハウス用の枕木を
分けてもらうことになりました。
一本950円、安い!

近くのホームセンターで買うと一本2000円以上はします。
直接交渉なんですが誰でも買えます。
ただし、早いもん勝ち。

力のある友人に頼んで一日かけて枕木の保管してある
鉄道の駅からログハウスまで運びました。
友人へのお礼はラーメンでした。(^^;

枕木は2種類あって一本50キロと80キロです。
本当に重たいです。
だんだんと木の枕木がコンクリートに変わりつつありますが
地元の鉄道はまだ木でいくそうです。安心しました。

ログハウスに枕木がよく似合います。
あの風貌は何ともいえません。

長さをチェーンソーできり揃えて二人でえっちら、えっちらと運びました。
砕石をほじりだし、一本ずつ地面にコンクリートで固定していきます。

翌日は二人とも手首が筋肉痛で堪りませんでした。
これもログハウスの玄関前もすっきりして落ち着きました。
来年はそこに芝生を植える事にしました。

山花
山花の健康ブログ
山花の元気ブログ
山花の元気ブログ
その他の山花のブログはこちら
posted by ヨツール at 13:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

薪集めの為に軽四購入!

3年前に初めてログハウスを建てた時は一年にどれ位の薪を消費するのか
分らず、なんと4年分もの薪を割ってしまいました(笑)。

薪小屋に並んだ薪を見て「よくもこんなに沢山の薪を割ったもんだ」と、
一人感心したのを覚えています。

一個一個の薪の断片を見てこの薪はどのように燃えるのだろう楽しみに
割っていました。

会社お倉庫を借りて仕事の終わる夜九時ごろから割ったり
ひどい時は夜の十時に奥さんを連れ出して、日中に目をつけていた
薪をひらいに行った時もありました。

とにかく今思えば「気合が入っていたなー」という感じです。
わざわざ薪集めの為に軽四を購入したくらいの勢いです。

おかげで奥さんは今でも軽四で通勤してます。
奥さん、ごめんなさーい!
posted by ヨツール at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

ログハウスでの薪集め

薪ストーブの薪集め
皆さんは薪ストーブは「とてもいいなー」と言ってくれるんですが
いざ、燃料の巻き集めになるとやはりトーンは下がりますね。

薪ストーブの暖かさは何ともいえないが、「あの寒い冬に薪を集めるのは
どうも苦手だ。」という方が多いです。

しかし、ものは考えようで実は薪は4回人間の体を温めてくれるんです。

一回目は木を切り倒すとき。
2回目は木を運ぶとき。
3回目は薪割りをするとき。
4回目は薪ストーブの中で燃えるとき。

4回目を省いてはいずれも滝のような汗が
流れ落ちます。

皆さんは「やらず嫌い」なのではないでしょうか(笑)が、

実際、好き嫌いはありますますよね。
全ての人が同じパターンで生きているのではないですから。

薪はその気になって注意深く「探す」という事を気にかけて
いなければまず、目に付くことはないと思います。

道端や山林に何気なく倒れている木を見ると宝の山のように見えてしまうのは
薪ストーブ愛好家なら誰でも同じしょう。

薪は木なら何でもいいと言う訳ではありません。
薪ストーブに始めて火を入れるときはよく燃える針葉樹、
おき火になったら火持ちのいい落葉樹。

落葉樹の中でもナラ・カシ・さくら・等は本当にカロリーも高く
お気に入りです。
posted by ヨツール at 13:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

薪ストーブはログハウスの宝

薪ストーブという鉄の塊は人の心を
なんと落ち着かせるものか。

部屋の電気を暗くして耐熱ガラス越しに見える
薪ストーブの炎は原始時代から人が見てきた本当の「火」と
同じなんですね。

家の中で火を焚くという事は、時代こそ違いますが
大昔からやっている事と同じ事を現代で再現してるに
すぎない。
今の時代が石油に支配さえているからこそ、「このような
アナログ製品のの薪ストーブは貴重なんだ」と、
思ってしまいそうです。

特に寒い冬、ペアガラスの窓の外に雪がしんしんと降る時に
薪ストーブの扉を開けて薪をくべ、その炎を見るときの
心の落ち着きはなんとも言えないものです。
物欲が全て消えていくような不思議な感じがします。

シーンと静まり返った部屋の中に薪ストーブの空気が吸い込む音だけが
小さく聞こえます。

何が幸せなのか考えてしまいます。

この鉄の箱の薪ストーブは私に何ともいえない満足感を
与えてくれます。

いまからどれ位の長い間、このログハウスを
暖め続けるのでしょうか。
posted by ヨツール at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ログハウスの薪ストーブ

ログハウスを暖める薪ストーブ
ログハウスの次に欲しかったのが薪ストーブです。
黒い鎧で固められ、ログハウスの真ん中に鎮座している
姿はなんとも頼もしき相棒です。

ログハウスの薪ストーブは「ヨツール500」

薪ストーブは暖房器具というには破格の100万円。
本体が50万、なんと煙突が50万。

薪ストーブは、もはや暖房器具ではありませんね。(笑)
一家の財産です。

薪ストーブを取り付ける時は担当者の方と一緒に取り付けて
なるべく安く上げようと目論みました。
それで割引も含めてなんと70万で落ち着きました。
めでたし、めでたし!

でも、高いもんですよねー。
ま、人によって価値観は代わりますからね。
posted by ヨツール at 12:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

ログハウスは四角い30坪

ログハウスの部屋はほとんど仕切りがなくてワンルームみたいな感じです。
小さなロフトがついていて結構重宝しています。

このログハウスの宝のひとつは薪ストーブ。

この3年間、30坪の部屋の暖房はこの薪ストーブひとつだけです。
ログハウスの中はいつも25度ぐらいに保たれていて本当に快適です。
薪ストーブについては今度細かく書きたいと思っています。

このログハウスを建てるにあたり沢山の人に
協力してももらいました。

材木運びや、外溝工事用の枕木を運んだりログハウスの
前に建てた車庫や玄関前の砕石をひいての転圧など、
友人から親戚の人まで沢山の人に助けられました。

皆さん、ありがとうございました。

その他ほとんどのログハウス建築以外の工事に
協力してくれたのがシロウちゃんです。

仕事は配管業ですが何でもできるマルチ人間です。
彼のやる仕事は完璧を追及します。
依頼人から文句を言われると代金を受け取らない時があります。
年下ですがすごく尊敬しています。
posted by ヨツール at 12:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

ログハウスに住む夢

「いつかはログハウスに住みたい」
これが私の夢でした。

くすぶる気持ちをずーと心に持っていましたが、
2003年の10月に長年の夢だったログハウスが
完成しました。

ログハウスの木目がたまらないですね。
それに木の香り、ログハウスは最高です。

平屋で30坪ぐらいの四角いログハウスです。

面積は結構ありまして全部で320坪ありまして
裏には畑用に土を耕しました。

近所の方が親切でトマトやナスやかぼちゃの苗を
頂きました。
ログハウスの庭に育った、できたての野菜があんなに美味しいとは
思いませんでした。
posted by ヨツール at 12:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

山花のブログ

久しぶりに巻き小屋の修理をした。一度台風で屋根がそのまま持っていかれた時には驚いた。


しっかりと支柱を土の中に埋め込んで補強した。これで多少の台風でもびくともしないだろう。




posted by ヨツール at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。